アスベスト(石綿)廃棄物の取り扱いについて

アスベスト(石綿)は、使用禁止から適正処分へ
   アスベスト(石綿)は、加工の容易さ不燃性などの特性により、スレート材、吹付け材といった建築資材をはじめ、幅広い用途に使用されてきましたが、その粉じんの吸い込みによる肺水腫や肺がんの危険性が指摘されるなど、その毒性が社会問題化し、我が国では一部の特性部材を除きその製造・流通が行われておりません。
 廃棄物処理法や労働安全各法も改正され、これを適正に処分しなければならないこととなっています。
   
廃石綿等と石綿含有産業廃棄物
   アスベスト(石綿)廃棄物は、特別管理産業廃棄物である「廃石綿等」とアスベストを含有する成型品が廃棄物となった「石綿含有産業廃棄物」とに分けられ、それぞれ廃棄物処理法によりその収集・運搬方法や処分方法などが定められています。
 「石綿含有産業廃棄物」は、過去には「非飛散性」といわれたことがありますが、その取り扱いによっては飛散することから、現在では「石綿含有産業廃棄物」に統一しています。


廃石綿等(廃棄物処理法施行令第2条の4第5号ヘ)
廃石綿及び石綿が含まれ、若しくは付着している産業廃棄物のうち
  (1) 石綿建材除去事業(建築物その他の工作物に用いられる材料であって、石綿を吹き付けられ、又は含むものの除去を行う事業)に係るもの
  (2) 大気汚染防止法第2条第11項に規定する特定粉じん発生施設において発生したもの及び輸入されたもの
上記(1)、(2)であって、飛散するおそれのあるものとして廃棄物処理法施行規則で定めるものをいいます。

《飛散するおそれのあるもの》(廃棄物処理法施行規則第1条の2第7項)
  (1) 建築物その他工作物に用いられる材料であって石綿を吹き付けられたものから石綿建材除去事業により除去された当該石綿
  (2) 建築物等に用いられる材料であって石綿を含むもののうち石綿建材除去事業により除去された次のもの
・石綿保温材 ・けいそう土保温材 ・パーライト保温材 ・人の接触、気流、振動等により石綿保温材等と同等以上に石綿が飛散するおそれのある保温材、断熱材、耐火被覆材
  (3) 石綿建材除去事業において用いられ、廃棄されたプラスチックシート、防塵マスク、作業衣、その他の用具又は器具であって、石綿が付着しているおそれのあるもの

石綿含有産業廃棄物(廃棄物処理法施行規則第7条の2の3)
工作物の新築、改築又は除去に伴って生じた産業廃棄物であって、石綿をその重量の0.1%を超えて含有するもの(廃石綿等を除く)をいいます。過去には、「非飛散性」といわれたことがありますが、その取り扱いによっては飛散することから、現在では「石綿含有」といいます。


アスベスト成形板(セメント、けい酸カルシウム等の原料に、アスベストを補強繊維として混合し成形されたもの)や石綿管が廃棄物となったものが該当します。

《主なアスベスト成形板》
  ・スレート(波板・ボード)、屋根用化粧スレート、窯業系サイディング、石綿セメント板、けい酸カルシウム板、パルプセメント板、スラグ石こう板、耐火被覆板、ビニル床タイル板(Pタイル)等
(主に屋根、外壁、内壁、天井、床等に使用されています)


<廃石綿等(特別管理産業廃棄物)>
 ■「廃石綿等」排出事業者の留意事項
 ■アスベスト廃棄物の適正処理(運搬・中間処理・最終処分)
 ■「廃石綿等」の処理概要
 ■廃石綿等に関する法令その他の情報(環境省)

<石綿含有産業廃棄物(産業廃棄物)>
 ■「石綿含有産業廃棄物」排出事業者の留意事項
 ■アスベスト廃棄物の適正処理(運搬・中間処理・最終処分)
 ■「石綿含有産業廃棄物」の処理概要
 ■石綿含有廃棄物等処理マニュアル(第2版)(PDF/1.64MB)
 ■石綿含有産業廃棄物を取り扱うことができる産業廃棄物処理業者の許可証について
 ■マニフェストの記載方法に変更があります(PDF/1.30MB)
 ■廃石綿等に関する法令その他の情報(環境省)

<解体に携わる方々へ>
 ■石綿含有率等分析機関一覧(公益社団法人日本作業環境測定協会)
 ■石綿(アスベスト)含有建材データベース(経済産業省、国土交通省)
 ■解体工事を始める前に(PDF/1.17MB)
   大気汚染防止法に基づく建築物・工作物の解体等作業におけるアスベスト飛散防止対策について
 ■建築物の解体等の作業における石綿対策(PDF/2.54MB)
   平成18年改正石綿障害予防規則の概要
 ■(参考図書)建築物の解体等に係る石綿飛散防止対策マニュアル2007
   公益社団法人日本作業環境測定協会発行 電話03-3456-0445


<<ホームへ <<ページのトップへ