PCB廃棄物(使用中を含む)の取り扱いについて

PCBを含むトランス及びコンデンサーの譲渡禁止について

 ポリ塩化ビフェニル(以下「PCB」という。)を含むトランス及びコンデンサーを無償、または低料金で引き取り、処理すると持ちかけてくる業者がいるとの情報が寄せられています。
 PCBの処理には一定の費用がかかるとともに、JESCO北海道PCB処理事業所や環境省等が認定した無害化処理認定施設で処理を行う以外、PCB廃棄物を譲渡(売却・無償・有償問わず)することが、法律で禁じられています。
 このようなことがありましたら、最寄りの環境(森林)事務所にその業者の情報についてご一報いただくようによろしくお願いいたします。

情報をお寄せください。
 環境(森林)事務所


法律と現状
 平成28年8月に改正されたPCB特措法により、PCB廃棄物の保管事業者や、高濃度のPCB使用製品の所有者には、次の義務が課されています。
 1 毎年、その保管及び処分の状況を都道府県知事等に届け出ること
 2 高濃度廃棄物のトランス・コンデンサーは平成33年度末、安定器等・汚染物は平成34年度末、
   低濃度廃棄物は平成38年度末までに適正に処分すること
 3 高濃度のPCBを含む使用製品についても、上記期限までに廃棄・処分すること
 4 PCB廃棄物の譲り受け・譲り渡しが禁止されたこと
 PCB廃棄物保管事業者の方々は、担当者や責任者が交替した場合の引継、事業場の統廃合や会社の合併・分社化などの際には承継手続きを行い、PCB廃棄物やPCB使用製品について適切に保管及び処理がされるようお願いします。



<<ホームへ <<ページのトップへ