PCB廃棄物(使用中を含む)の取り扱いについて

使用中のPCB電気工作物について

 現在、使用中の高濃度PCBを含む電気機器は処分期間内に使用をやめ、処分しなければなりません。
 平成28年8月1日に、ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律が施行され、処分期間が実質的に1年前倒しされ、群馬県内の高濃度PCB廃棄物を処理する北海道PCB処理事業所では、トランス・コンデンサー等は平成33年度末、安定器等・汚染物は平成34年度末までに処理を完了することとなりました。電気事業法関係省令等も同様な趣旨で改正されます。
 低濃度PCB廃棄物については、無害化処理認定施設又は都道府県知事等許可施設にて平成38年度末までに処理することとされています。 
 使用中のPCBを含む電気工作物は、「微量PCB含有電気機器課電自然循環洗浄実施手順」により当該製品からPCBを除去するか、PCBを使用していない製品と交換するようにしてください。
 なお、使用中止のため電路から取り外した機器を、新たに電路につなぐことは「電気設備に関する技術基準を定める省令」で禁じられています。
 また、PCB廃棄物を保管していなくても、現在、PCBを含む電気機器を使用している事業者の方についても電気事業法関係省令等に基き届出等を行う必要があります。


 ■PCB廃棄物に関する届出等について
 

 ■微量PCB含有電気機器課電自然循環洗浄実施手順
 

 ■PCB廃棄物届出書等書式
 

 ■保管場所を管轄する環境(森林)事務所
 











<<ホームへ <<ページのトップへ