PCB廃棄物(使用中を含む)の取り扱いについて

PCB廃棄物に関するQ&A

◆濃度関係

Q1
使用中又は廃棄した電気機器にPCBが含まれているかどうかを確認したいのですが、どうすればよいですか?
A1
 メーカー等への問合せ等により判明する場合がありますので、電気機器の銘板等からメーカー等が分かる場合は、当該メーカーにお問い合わせください。
 問い合わせても判明せず、PCBが含まれているかどうか測定をする必要がある場合は、分析のできる事業者に依頼してください。

 ■群馬県内のPCB混入分析業務実施事業者名簿(PDFファイル)


◆届出関係

Q2
保管届は、毎年提出する必要がありますか?また、写真は毎年添付する必要がありますか?
A2
 保管届は毎年、提出することが義務付けられています。また、写真の添付について、群馬県では知事が必要と認める書類として毎年、写真の添付を義務付けています。
 なお、個数の多いものについては、保管物が個別にわかるように1枚の写真に複数のものを写しても構いません。

 ■PCB廃棄物届出書等書式

Q3
群馬県外への工場の移転を予定しているため、PCB廃棄物も移動させたいのですが、どうすればよいですか?
A3
 JESCOの処理区域を超えて移動させる場合には、事前に環境大臣への届出・確認が必要です。また、PCB廃棄物を移動する場合、自ら運搬する場合にあっては、工場の特別管理産業廃棄物管理責任者の指示のもと、廃棄物処理法に定める基準に従い、適正に管理して運搬しなければなりません。
 他人に運搬を委託する場合は、群馬県知事及び運搬先の都道府県知事(又は政令市長)からPCB廃棄物の収集運搬業の許可を得ている業者に委託する必要があります。なお、その際には、移転前と移転後の都道府県知事(又は政令市長)あてに保管事業場の変更届を提出する必要があります。

 ■PCB廃棄物届出書等書式

Q4
使用中の電気機器に高濃度のPCBが含まれていることが判明した場合、廃棄していなくても届出をする必要がありますか?
A4
 使用中の電気機器(電気事業法に基づく電気工作物を除く。)に高濃度のPCBが含まれていることが判明した場合は、翌年の6月30日までに提出していただく保管及び処分状況等届出書により廃棄の見込み等を報告してください。

 ■PCB廃棄物届出書等書式

Q5
使用中の電気機器に低濃度のPCBが含まれている場合は届出が必要ですか?また、この電気機器を廃棄しないで引き続き使用することはできますか?
A5
 所有されているのが低濃度のPCBが含まれている使用中の電気機器のみであれば届出は必要ありませんが、併せて高濃度のPCBを含む廃棄物や使用製品を所有している場合は、保管届にその旨を記載して届け出る必要があります。
 使用中のPCB使用製品からPCBを除去する方法として「課電自然循環洗浄法」があります。この課電洗浄が完了した機器と電気事業法で認められたものは、引き続き使用することができます。

 ■微量PCB含有電気機器課電自然循環洗浄実施手順書

Q6
PCB特別措置法によるPCB保管状況報告書について、(1)報告書は郵送で提出してもいいですか。(2)提出部数は2部ですが、事業者の控えはどのようにすればよいですか。
A6
 (1)郵送で届出書を提出することもできます。(2)届出者が必要と認める場合には、届出書を3部用意していただき、保管場所を管轄する環境(森林)事務所で受領印を押印のうえ、1部返還します。郵送による届出で控えを希望されるときは、返信用封筒(郵送料分の切手を貼付し、返送先の記入されているもの)を同封してください。

 ■PCB廃棄物届出書等書式
 ■保管場所を管轄する環境(森林)事務所

Q7
届出書様式の欄に全てを記載しきれない場合はどのように記入すればいいですか?
A7
様式の本来記載すべきところに「別紙1のとおり」等記載し、別紙にまとめて記載してください。

Q8
PCB特別措置法に基づく保管状況届出書における整理番号はどのように付ければいいですか?
A8
PCB特別措置法の改正(平成28年8月1日施行)に伴う改正前の記入要領ですが、これを参考にして番号を付してください。

 ■環境省ホームページ


◆PCB廃棄物処理関係

Q9
PCB廃棄物の処理はどこに依頼すればいいですか?
A9
 PCB廃棄物のうち、高濃度のPCB廃棄物は中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)に処理を委託する必要があります。処理を委託する前にPCB廃棄物を同社に登録しなければなりません。登録の方法については同社のホームページをご参照ください。
 また、低濃度のPCB廃棄物は、環境大臣から無害化処理の認定を受けた業者か、都道府県知事の許可を受けた業者に委託して処理しなければなりません。これらの業者は、処理できるPCB廃棄物に制限がありますので、環境省のホームページをご覧いただき、詳しくは各業者へお問い合わせください。

 ■中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)登録方法
 ■環境省ホームページ

Q10
高濃度PCB廃棄物の処分期間が計画的処理完了期限の1年前に前倒しになったとのことですが、唐突ではありませんか?
A10
 保管事業者には計画的処理完了期限内の処分委託をこれまでもお願いしてきたところですが、今回のPCB特別措置法の改正において、この計画的処理完了期限を確実に達成するため、処分期間の末日を計画的処理完了期限の1年前の日としたものです。
 ただし、これまで処分の実績等があり、処分期間の末日から起算して1年を経過した日までに確実に処分委託することができる旨を都道府県知事(又は政令市長)に届出を行った場合は、これまでの計画的処理完了期限と同じ特例処分期限日(トランス・コンデンサーは平成35年3月31日、安定器・汚染物等は平成36年3月31日)までに処分委託すればよいこととされています。


◆北海道PCB処理事業関係(JESCO)

Q11
JESCOでのPCB廃棄物の処理スケジュールはどうなっていますか?
A11
 群馬県内の高濃度PCB廃棄物は、国内に5箇所ある中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)の処理施設のうち、北海道室蘭市に設置されている処理施設で処理されます。群馬県が割り当てられている北関東ブロックのPCB廃棄物は、下表に示したスケジュールにより処理されます。



○着色部が北関東ブロックの搬入期間となります。
○多量保管事業者とは、PCB廃棄物(JESCOで処理できるものに限る)を30台以上保管している事業者です。
○少量保管事業者とは、多量保管事業者以外の事業者です。

 ■中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)

Q12
JESCOでPCB廃棄物を処理する費用はどのくらいかかりますか?
A12
 JESCOでのPCB廃棄物の処理料金は、PCB廃棄物の種類毎に処理料金を設定されています。処理料金表はJESCOのホームページでご覧になれます。
 PCB廃棄物の運搬にかかる費用は、PCB廃棄物の収集運搬に従事する収集運搬業者により異なりますので、直接収集運搬業者にご確認ください。なお、JESCOの処理施設にPCB廃棄物を運搬できる収集運搬業者は、都道府県知事の収集運搬業の許可のほかJESCOの入門許可が必要となり、JESCOへ運搬を行うことのできる事業者に関する情報は、随時JESCOのホームページで公開されています。

 ■中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)処理料金
 ■中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)収集運搬事業者一覧

Q13
JESCOでの処理費用を補助する制度はありますか?
A13
 中小企業者等軽減制度の対象になる中小企業者等であるとJESCOの審査で認定された事業者は、国、都道府県からの補助金と産業界等民間からの出えん金で造成されたPCB廃棄物処理基金から処理料金(処理委託契約締結時点)の70%(廃業等に伴う個人所有者は95%)が軽減されます。詳細は、JESCOのホームページをご覧ください。

 ■中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)中小企業向け割引


○北海道PCB処理事業に関する問い合わせ先
  中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)
  〒105-0014
  東京都港区芝1-7-17
  住友不動産芝ビル3号館3階
  中間貯蔵・環境安全事業株式会社 PCB処理営業部
  Tel 03-5765-1935 / Fax 03-5765-1923


<<ホームへ <<ページのトップへ