PCB廃棄物(使用中を含む)の取り扱いについて

PCB廃棄物の保管状況を確認してください

 平成20年12月に、群馬県下水道総合事務所県央水質浄化センターの下水汚泥から、ポリ塩化ビフェニル(以下「PCB」という。)が検出される事案が発生しました。

 PCB廃棄物や使用中のPCBを含む電気工作物等は、適正に管理する必要がありますので、定期的に、紛失、漏れ、流出等の異常がないか、確認をお願いします。

PCB廃棄物の保管に関する注意事項
 ・保管基準を遵守すること。
 ・特別管理産業廃棄物管理責任者を設置していること。
 ・PCB廃棄物の譲り渡し及び譲り受けは、環境省令で定める場合を除き、禁止されています。
詳しくは、こちらをご覧ください。

PCB電気工作物の使用に関する注意事項
 ・維持管理や取り外しの際にPCBが流出しないようにすること。
 ・建物の解体等を行う際に使用しているPCB廃棄物を紛失しないこと。
  特に安定器等、小型のPCB使用機器について注意してください。
  ・使用中の低濃度PCB電気工作物も、「微量PCB含有電気機器課電自然循環洗浄実施手順書」で当該機器からPCBを除去するか、PCBを使用していない製品と交換するようにしてください。
詳しくは、こちらをご覧ください。

 確認の結果、異常がある場合は、県庁廃棄物・リサイクル課またはお近くの環境(森林)事務所へ御連絡ください。

連絡先
 ■県庁廃棄物・リサイクル課 リサイクル係 電話027−226−2824
 ■保管場所を管轄する環境(森林)事務所


<<ホームへ <<ページのトップへ