法令及び県規則等に基づく各種報告書

産業廃棄物管理票交付等状況報告書に関するQ&A

Q1
平成21年4月1日から前橋市が、平成23年4月1日から高崎市が中核市となり、産業廃棄物に関する事務を取り扱うこととなりましたが、前橋市内又は高崎市内の事業場で交付した管理票に関する報告書はどこへ提出すればよいのですか?
A1
前橋市内の事業場で交付した管理票に関する報告書については、前橋市廃棄物対策課へ提出してください。また、高崎市内の事業場で交付した管理票に関する報告書については、高崎市産業廃棄物対策課へ提出してください。前橋市及び高崎市を除く群馬県内の事業場で交付した管理票に関する報告書については、事業場を管轄する環境事務所または環境森林事務所へ報告書を提出してください。管理票に関する報告書の提出先についてはこちらを参照してください。

Q2
報告者は本社で代表取締役でないとだめか?
A2
事業所の支店長、営業所長、工場長などの役職にある人が、その事業所から排出される産業廃棄物の最終的な管理責任者であり、産業廃棄物処理業者との契約締結の権限を有していれば、報告者は事業所長などで構いません。

Q3
会社印、代表者印の押印は必要か?
A3
押印していただかなくて結構です。会社の方針におまかせします。

Q4
受託者の許可番号は、11桁全てを記入しなければいけないか?他県では6桁でよい ところもあるようだが。
A4
受託した収集運搬業者が、群馬県の許可を得ているかどうか確認しますので、全ての番号(11桁)を記載してください。運搬先についても所在地を管轄する都道府県等の処分業許可を得ているか確認できるよう全ての番号(11桁)を記載してください。※10桁の場合は、頭に「0」を付して11桁にします。

Q5
栃木の収集運搬業者に委託しているが、受託者の許可番号はどのように記載すればよいか?
A5
A4と同じ

Q6
産業廃棄物の排出量はすべて体積(m3)で管理しているが、体積による報告をしてもよいか?
A6
すべて重量(トン)で報告していただくことになっています。体積から重量(トン)への換算については、こちら(重量換算表)の換算表(PDF形式・76KB)を参考にして記入してください。

Q7
ハウスメーカーだが、伊勢崎市に営業所がある。今年度は伊勢崎、高崎、太田、足利地区で住宅の新築を請け負った。これらをまとめて報告してもよいか?また、報告する事務所は中部、西部、東部のどこでもよいのか?
A7
住宅建築現場などが複数ある場合は、これらの現場を1事業所としてまとめて報告していただいて構いません。この場合、報告先は、営業所の所在地を管轄する中部環境事務所としてください。ただし、1事業所としてまとめられるのは、前橋市を除く群馬県内の建築現場のみですので、足利の現場については栃木県に報告する必要があります。

Q8
前橋市の建設業者であるが、県内各地で工事を請け負っている。今年度は前橋、伊勢崎、太田で工事を請け負った。これらの報告についてはどこへ報告したらよいか?
A8
この場合、前橋市内の事業場で交付した管理票に関する報告書と前橋市以外の群馬県内の事業場で公布した管理票に関する報告書は別々に作成してください。そして、前橋市内の事業場で交付した管理票に関する報告書については、前橋市廃棄物対策課へ提出してください。前橋市を除く群馬県内の事業場で交付した管理票に関する報告書については、事業場を管轄する中部環境事務所(または東部環境事務所)へ報告書を提出してください。前橋市を除く群馬県内の事業場で交付した管理票に関する報告書の提出先についてはこちらを参照してください。

Q9
特別管理産業廃棄物である特定有害産業廃棄物は、法施行令第2条の4第5号のイからヌに定めのある種類ごとに報告する必要があるか?
A9
実際に法施行令第2条の4第5号のイからヌに定めのある種類ごとにマニフェストを交付しているのであればそのとおりに報告してください。例えば同一の水処理施設から排出される「汚泥」に、水銀の他に鉛などを基準以上に含んでいる場合などはマニフェストを分けて交付することは無理ですので、実際にはマニフェストは廃棄物の種類ごとに交付しているのではないでしょうか。このような場合、マニフェストの交付状況に応じて報告するようにしてください。

Q10
電子ファイルで報告又は電子申請で報告することはできるのか?
A10

群馬県内の提出先では、電子ファイル又は電子申請での報告を受け付けられる体制になっておりませんので、紙に印刷した報告の提出をお願いします。


Q11
記載例の「区分」欄には101、102、103と番号が記載してありますが、どのような番号を記入すればよいのでしょうか?
A11
委託方法がどの区分に該当するかで、次の事項(リンクはこちら(EXCEL形式・22KB))を参照して記入してください。
 101→排出事業者(一次)で通常の場合
 102→排出事業者(一次)で区間委託(積替え保管を含む)がある場合
 103→排出事業者(一次)で再委託がある場合
 201→中間処理業者(二次)で通常の場合
 202→中間処理業者(二次)で区間委託(積替え保管を含む)がある場合
 203→中間処理業者(二次)で再委託がある場合

Q12
記載例の「業種」欄には、日本標準産業分類の中分類を記入することになっていますが、具体的には何を記載すればよいのですか?
A12
こちら(EXCEL形式・39KB)(日本標準産業分類中分類一覧)から該当する業種を選んで、コードおよび分類名称を記入してください。

Q13
記載例の「産業廃棄物の種類」欄には、具体的には何を記載すればよいのですか?
A13
こちら(EXCEL形式・13KB)(廃棄物分類コード一覧)から該当する種類を選んで、記載例のように記入してください。

Q14
記載例の「処分方法」欄には、具体的には何を記載すればよいのですか?
A14
こちら(EXCEL形式・11KB)(処分方法コード一覧)から該当する処分方法を選んで、記載例のように記入してください。


<<ホームへ <<ページのトップへ