産業廃棄物に関する許可申請や届出

廃棄物処理法施行規則の一部改正について(水銀関係)

 廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則(以下「規則」とします。)の一部が改正され、下記の改正内容について平成31年3月3日から施行されましたのでお知らせします。

【改正内容】
(1) 水銀使用製品産業廃棄物の対象となる水銀使用製品及びあらかじめ水銀の回収が必要な水銀使用製品の追加
  @規則別表第4に以下の6製品を追加
1 放電管 水銀が目視で確認できるものに限り、放電ランプ(蛍光ランプ及びHIDランプを含む。)を除く。
2 水銀圧入法測定装置  
3 ガス分析計 水銀等を標準物質とするものを除く。
4 容積形力計  
5 滴下水銀電極  
6 水銀等ガス発生器 内蔵した水銀等を加熱又は還元して気化するものに限る。

  A規則別表第5に以下の3製品を追加
1 放電管 放電ランプ(蛍光ランプ及びHIDランプを含む。)を除く。
2 容積形力計  
3 滴下水銀電極  

(2) 廃水銀等を排出する特定施設の改正
  引き続き水銀圧入法測定装置を有する施設において生じた廃水銀等が特定管理産業廃棄物として取り扱われるよう規定を整理した。(規則別表第1の一部改正)

(3) その他
  「水銀廃棄物ガイドライン」(平成29年6月、環境省)が改定され、同ガイドライン第2版が策定されたこと。

水銀廃棄物ガイドライン(第2版)は環境省HPからダウンロードできます。
<環境省HPはこちら>
http://www.env.go.jp/recycle/waste/mercury-disposal/index.html


<<ホームへ <<ページのトップへ