産業廃棄物関係よくある質問

1.産業廃棄物とは?

 産業廃棄物って何ですか?事業系一般廃棄物との違いは?

 事業活動に伴って生じた廃棄物であって、法律の中で20種類が定められています。
  ○産業廃棄物の種類(リンク)
   さて、産業廃棄物の中にいくつか「○○の事業に伴って生じたものに限る」という標記のある品目があったかと思います。木くずや紙くず等がこれに該当しますね。こうしたものはたとえ事業活動に伴って生じたものであっても、特定の事業活動に伴ったものでなければ産業廃棄物の分類に該当しないのです。こうしたものがいわゆる事業系一般廃棄物なのです。


2.委託処理したい?

 産業廃棄物の処理(運搬又は処分)を委託したいのですが、誰にお願いすれば良いのですか?

 他人が出した産業廃棄物を運んだり、破砕や焼却といった処分をするには、それぞれ産業廃棄物収集運搬業、産業廃棄物処分業の許可が必要です。ですから、これら許可を取得している業者に委託をしてください。
  群馬県の許可を取得している業者はこちらに掲載しています。
許可業者検索
委託基準


3.委託契約?

 運搬業者と処分業者それぞれと契約するように言われました。今は、出入り運搬業者の知り合いの処分業者に持っていってもらっています。そのため、契約は運搬業者と処分費も含めて行っています。一括ということで他の業者に比べて割安なので助かっているのですが、これでは問題があるのですか?

 委託契約違反になります。運搬業者とはどこからどこまで廃棄物を運搬してもらうかを、処分業者とは廃棄物をどういう処理をしてもらうかを、それぞれ契約しなければなりません。処理費用にしても、運搬業者には運搬費用だけを支払えばよいわけですし、処分業者には処分費用だけを支払えばよいのです。
 質問のような契約の状況では、運搬費用がいくらなのか、処分費用がいくらなのか分かりません。適正な運搬費用、処分費用となっているのでしょうか?いくら割安だからといっても支払った料金から運搬費を取ったら、適正に処分する処分費が足りないような金額だったらどうなるでしょう?処分業者に持っていくお金が無いのですから、闇にまぎれて誰もいない山の中に不法投棄を・・・そうなってしまっては取り返しがつきませんよね。こんなことにならないためにも、運搬業者には適正に運搬してもらうことに対しての運搬費用を支払い、処分業者には適正に処分してもらうことに対しての処分費用を支払うようそれぞれと契約を結んでください。


4.産業廃棄物を自分で処理?

 産業廃棄物の処理を人に頼むとお金がかかるので、機械を買って自分で処理しようと思うのだけど?

 自分で出した廃棄物を自分で処理する。良いことだと思います。でも、ここで気をつけなければならないのが、廃棄物処理基準に従って適正に処理しなければならないということです。また、設置する機械によっては、あらかじめ設置許可を受けなければならないものもあります。自分ひとりの考えで計画を進めてしまう前に、廃棄物・リサイクル課又は各環境森林事務所環境係に相談してみてください。
  産業廃棄物処理基準
産業廃棄物処理施設設置許可
群馬県環境関連部局一覧


5.リサイクル業者?

 産業廃棄物をリサイクルしてくれる業者がいます。その業者は産業廃棄物処理業の許可は取得していませんが、リサイクルなのだから許可は要らないといっています。リサイクルは非常に良いと思うのですが、その業者にお願いしても大丈夫ですか?

 限りある資源を有効に利用するための廃棄物のリサイクル、非常に良いことだと思います。技術革新も目覚しく、今まで埋立処分しかできなかった廃棄物を資源に生まれ変わらせる設備も増えてきました。でも、良く考えてみてください。こうしたリサイクル施設も廃棄物を受け入れて処理していることにはかわりがないのです。ですから、廃棄物をリサイクルするとはいっても、その業者は産業廃棄物処理業の許可が必要なのです。いくら最終的にはリサイクル資源になるとはいっても、廃棄物を処理する以上、廃棄物処理法に基づく手続きは必要です。廃棄物処理基準を遵守し、生活環境を保全しながら適正にリサイクルができる許可業者に委託するようにしてください。


<<ホームへ <<ページのトップへ