廃棄物の不適正処理対策(産廃110番)

廃棄物の不法投棄に注意

あなたの土地・建物は大丈夫ですか?

貸していた業者に不法投棄をされた工場の内部

不法投棄が行われるパターン

工場跡・倉庫を荷物の保管場所として
貸して欲しい
いいですよ(OK)
廃材・廃プラスチックなどの廃棄物を
搬入し積み上げる
農地をタダ(無料)で改良してやるよ
ありがたいね(OK)
夜中に穴を掘り、廃棄物を埋め立てる


廃棄物を不法投棄されないために
 ●借り手の人物、事業内容を十分に確認する
 ●土地・建物の賃貸借契約を書面で結ぶ(口約束で済まさない)
 ●現場を監視し、土地の使用状況を把握する
 ●問題があれば、契約の解除や関係機関への通報等必要な措置をとる

空き地に不法投棄された硫酸ピッチ。
ドラム缶を破って流出したため消石灰で中和処理している。
硫酸ピッチの不法投棄
 最近、新聞やテレビのニュースでも報道されるようになった「硫酸ピッチ」は、軽油の密造に伴って排出されるもので、平成14年7月以来群馬県内でも五件の不法投棄が確認されています。
 その名が示すとおり硫酸ピッチは、硫酸とタール分との混合物で、触れると皮膚がただれたり、目に入ると失明の恐れもある危険な物質です。
 硫酸ピッチは通常ドラム缶に入れて保管されますが、強酸性のため長期間保管するとドラム缶が腐食し、外に流出してしまいます。
 気をつけないと、こんなものまで知らない間に置かれてしまうかもしれません。

起きてしまってからでは大変です。そうなる前に下記のところに連絡・相談を!!
産業廃棄物110番(県庁廃棄物・リサイクル課内)  TEL/FAX 0120−81−5324
Eメールによる情報提供はこちらへ→不法投棄等情報受付箱

環境森林事務所の電話番号
中部(伊勢崎、渋川)
027-219-2021
西部(高崎、藤岡、富岡)
027-323-5530
東部(太田、桐生、館林)
0276-31-2517
吾妻
0279-75-4611
利根沼田
0274-62-1535
 
 


<<ホームへ <<ページのトップへ