群馬県産業廃棄物情報

→トップページへ


PCB廃棄物について
PCB廃棄物について


高濃度PCB廃棄物等の処分期間が迫っています!
 PCB廃棄物等は、法により処分期間・処分方法が定められています。 

濃度区分 高濃度PCB廃棄物 低濃度PCB廃棄物
種類 変圧器・コンデンサー 安定器・汚染物等 変圧器・コンデンサー・汚染物等
処分期間 2022年(令和4年)3月末まで 2023年(令和5年)3月末まで 2027年(令和9年)3月末まで
処理施設 JESCO北海道PCB処理事業所 無害化処理認定施設
都道府県知事等許可施設

高濃度PCB廃棄物の処分期間と事業エリア

 高濃度PCBを含有する変圧器(トランス)やコンデンサーについては、2022年(令和4年)3月末までにJESCO北海道PCB処理事業所にて処分しなければなりません。
 処分期間を過ぎても高濃度PCB廃棄物等を保有している場合、県等による改善命令や行政代執行の対象となります。
 事業者の皆様におかれましては、改めて、事業所内にPCB廃棄物等が存在しないか御確認をお願いします。

ポリ塩化ビフェニル(PCB)使用製品およびPCB廃棄物の期限内処理に向けて ご注意 古い工場やビルをお持ちの皆様へ
環境省パンフレット
ダウンロード(4.41MB)
環境省パンフレット
ダウンロード(1.43MB)


群馬県ではPCB廃棄物等を探しています!
○県では、PCB廃棄物等を保有している蓋然性の高い事業者を対象に、2015(平成27)からPCB廃棄物等の掘り起こし調査を行っていますので、県の調査に御協力ください。
○1972(昭和47)年以前製造の電気工作物(変圧器・コンデンサー)、農業用ポンプ、電気溶接機、レントゲン撮影機、昇降機制御盤などにもPCB含有機器(コンデンサー)が使用されている可能性があります。県に未届のPCB含有機器をお持ちの方、これに該当するか不明な電気機器をお持ちの方は、お早めにお問い合わせください。
○PCB含有機器に関する情報提供もお待ちしております。PCB含有機器と思われるもの(※)が放置されているなど、不適正に保管されている状況を発見しましたら、以下に御連絡ください。
(※)「PCB含有機器と思われるもの」の例
・変圧器やコンデンサーなどで、「PCB」や「微量PCB」を含んでいる旨のシールが貼られている機器など
変圧器 コンデンサー
低圧コンデンサー(赤枠内)
※低圧コンデンサーは、溶接機や揚水ポンプ等にも使われている場合があります。詳しくは、以下のリーフレットを御参照ください。
リーフレット(低圧コンデンサー等)
リーフレット
ダウンロード(0.18MB)

連絡先:群馬県環境森林部廃棄物・リサイクル課
 TEL:027−226−2824
注)前橋市・高崎市内で発見されたものについては、それぞれの市の担当課に御連絡ください。

前橋市(廃棄物対策課)
 TEL:027−898−5840

高崎市(産業廃棄物対策課)
 TEL:027−321−1325

県内のPCB廃棄物を減らすため、御協力をお願いします。

※PCB廃棄物等の掘り起こし調査については、こちらを御参照ください。


処分・リサイクル業者の皆様へ
 受け入れる廃棄物等に、変圧器やコンデンサー、安定器等のPCB含有の可能性がある機器が含まれていないか確認をお願いします。
 PCB含有機器を廃棄物として受け入れるには、特別管理産業廃棄物の処分業(品目:廃PCB、PCB汚染物又はPCB処理物)の許可が必要です。許可なく受け入れた場合には無許可営業に当たりますので御注意ください。

トランス、コンデンサを処分・リサイクルする前にPCBが含まれているか否かの確認を必ずしてください。
環境省チラシ
ダウンロード(1.32MB)
 また、金属機器として買い取る場合、PCB不含証明書など、PCBを含んでいないことを必ず確認してください。万が一、PCBを含んだものを取引すると、深刻な信頼失墜と多大な損害賠償請求が生じることがあります。
(参考)
 PCB廃棄物を譲り渡し、又は譲り受けた者は、3年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金に処せられ、又はこれを併科されることがあります。(PCB特別措置法第17条 譲渡し及び譲受けの制限)

PCB廃棄物等に関するページ
●高濃度PCB廃棄物等の処分期間が迫っています!
(1)PCB廃棄物とは?
(2)PCB廃棄物の処分方法について
(3)PCB廃棄物の適正保管について
(4)PCB特別措置法に基づく届出について
(5)PCB廃棄物早期処理に向けた群馬県の取組
(6)その他(Q&Aなど)

PCB廃棄物の取扱いに関する連絡先
 県庁廃棄物・リサイクル課 リサイクル係 電話027−226−2824
 保管場所を管轄する環境(森林)事務所


<<ホームへ <<ページのトップへ <<もどる