群馬県産業廃棄物情報

→トップページへ



1 PCB廃棄物とは?

(1)PCB(ポリ塩化ビフェニル)とは
・PCB(ポリ塩化ビフェニル)とは、昭和28年頃から製造された合成油で、電気絶縁性、不燃性などの特性を有しています。
・そのため、PCBは電気機器や熱交換器、塗料などの幅広い用途に使用されていました。
・しかし、昭和43年のカネミ油症事件を契機として、PCBの毒性や環境汚染が社会問題化しました。
・現在では、PCBの製造・輸入は禁止されています。

(画像:環境省HPから引用)


(2)PCBの毒性
・PCBは脂肪に溶けやすいことから、体内に取り込まれやすく、徐々に蓄積することで様々な症状を引き起こすことが知られています。
・カネミ油症事件では、ライスオイル(米ぬか油)中に含まれたPCBを摂取したことで、吹出物や色素沈着、目やになどの皮膚症状の他、全身倦怠感、しびれ感、食欲不振などの症状があらわれました。
・こうした症状が改善するには長い時間がかかり、今でも症状が続いている方々がいることが知られています。


(3)PCBが使用された機器等について
 PCBが使用された代表的な電気機器等としては、変圧器やコンデンサー、安定器があります。
<変圧器(トランス)>
変圧器
使いやすい電圧に調整するための機器
<コンデンサー>
コンデンサー
電気を貯めたり放出したりする機能を持つため、電力のムダを省く機器
<安定器>
安定器
電流値を一定にさせることで、照明のちらつきを抑える機器
※一般家庭用の照明器具にはPCBを含有した安定器はありません。

※このほかにも、計器用変成器、リアクトル、放電コイル、電圧調整器、整流器、開閉器、遮断機、中性点抵抗器、避雷器(サージアブソーバー)、ブッシングなどがあります。
→ PCB含有機器か判別する方法はこちら


(4)PCB廃棄物の種類
 PCBが含有された機器等の使用を止めた場合、それらの機器はPCB廃棄物となります。
 PCB廃棄物については、廃棄物処理法において、次の3種類に分類されます。

種類 内容
廃PCB等 ・廃PCB
・廃PCBを含む絶縁油、熱媒体油、潤滑油等の廃油
PCB汚染物 ・PCBを含有している変圧器、コンデンサー、安定器等
・感圧複写紙
・PCBが付着したり染み込んだりした汚泥、紙くず、繊維くず、廃プラスチック類、金属くず等
PCB処理物 ・廃PCB等又はPCB汚染物を処分するために処理したもので、環境省令で定める基準に適合しないもの

※PCB廃棄物は主に産業廃棄物に該当します。PCB廃棄物を処分する際は、上記種類を参考に処分委託契約書および産業廃棄物管理票(マニフェスト)を作成してください。

なお、マニフェストの備考欄には、具体的な廃棄物の種類・量(例:変圧器:3台、感圧複写紙:5kgなど)を記載するとよいでしょう。


(5)PCB廃棄物の濃度区分について
PCB廃棄物の種類やPCB含有濃度により、「高濃度PCB廃棄物」と「低濃度PCB廃棄物」の2種類に区分できます。
この区分により、処分期間及び処分方法が大きく異なりますので御注意ください。

高濃度PCB廃棄物 低濃度PCB廃棄物
PCB濃度 5,000mg/kgを超えるもの
(一部の可燃性のPCB汚染物については、100,000mg/kgを超えるのもの)
5,000mg/kg以下のもの
(一部の可燃性のPCB汚染物については、100,000mg/kg以下のもの)
判別方法(※) 機器の銘板等に記載されている製造メーカーや製造年等の情報を基に判別する。 機器銘板等の情報を基に製造メーカーに確認する。PCB含有の可能性が否定できない場合は濃度分析により判別する。
処分期間 変圧器・コンデンサー:令和4年3月末まで
安定器・汚染物等  :令和5年3月末まで
令和9年3月末まで
処分方法(処分先) JESCO北海道PCB処理事業所
(北海道室蘭市内)
無害化処理認定施設等
【群馬県内の処理施設】
①赤城鉱油㈱(みどり市内)
②群桐エコロ㈱(太田市内)

※PCB濃度区分の判別方法については、こちらも御参照ください。


PCB廃棄物等に関するページ
●高濃度PCB廃棄物等の処分期間が迫っています!
(1)PCB廃棄物とは?
(2)PCB廃棄物の処分方法について
(3)PCB廃棄物の適正保管について
(4)PCB特別措置法に基づく届出について
(5)PCB廃棄物早期処理に向けた群馬県の取組
(6)その他(Q&Aなど)


<<ホームへ <<ページのトップへ