群馬県産業廃棄物情報

→トップページへ


2 PCB廃棄物の処分方法について

(1)高濃度PCB廃棄物の処分方法について
高濃度PCB廃棄物処理施設は、全国5か所しかありません。
群馬県内の事業所の皆様の場合は、JESCO北海道PCB処理事業所(北海道室蘭市内)で処理しなければなりません。
JESCOが設置している拠点的広域処理施設 JESCO北海道PCB処理事業所
JESCO北海道PCB処理事業所
(画像:環境省HPから引用)

【処分までの流れ】
<STEP1>PCB廃棄物を適正に保管してください。

・PCBの漏洩等を防ぐため、まずは適正に保管してください。
・PCB廃棄物の保管方法については、こちらを御参照ください。
矢印
<STEP2>県へ届出してください。

・PCB廃棄物等を保管する場合、法に基づく届出が必要です。
・届出の方法については、こちらを御参照ください。
矢印
<STEP3>JESCOへの処理の申し込み

・処分先であるJESCOへ事前に機器情報等を登録しなければなりません。
・登録方法については、JESCOホームページを御覧いただくか、JESCOに直接お問い合わせください。
機器登録等に関する問い合わせ先
 JESCO PCB処理営業部 管理課
  TEL:03−5765−1935/FAX:03−5765−1923
  E-mail:pcb_toroku.tanto@jesconet.co.jp
矢印
<STEP4>JESCOとの処理委託契約の締結

・処理契約の前にJESCOから連絡があります
・以降はJESCOの指示に従って、処理委託契約を締結し処分を進めてください。
※中小企業者等の軽減申請についても、処理委託契約締結までの間にJESCOから案内があります。
※高濃度PCB廃棄物をJESCOへ運搬する許可業者とは別途契約が必要です。
 運搬できる業者はJESCOホームページに掲載されていますので、そちらを御確認ください。
矢印
<STEP5>処分終了後の届出をしてください。

・処分が完了しましたら、その旨を県に届出する必要があります。
・届出の方法については、こちらを御参照ください。


(2)低濃度PCB廃棄物の処分方法について
低濃度PCB廃棄物については、環境大臣が認定したPCB無害化処理認定施設にて処分しなければなりません。
群馬県内では、次の2社が認定されています。
 ① 赤城鉱油㈱(みどり市内)
 ② 群桐エコロ㈱(太田市内)

【処分までの流れ】
<STEP1>PCB廃棄物を適正に保管してください。

・PCBの漏洩等を防ぐため、まずは適正に保管してください。
・PCB廃棄物の保管方法については、こちらを御参照ください。
矢印
<STEP2>県へ届出してください。

・PCB廃棄物等を保管する場合、法に基づく届出が必要です。
・届出の方法については、こちらを御参照ください。
矢印
<STEP3>無害化処理認定施設への処理の申し込み等

・処分先の無害化処理認定施設へ連絡してください。
・処分の流れ(収集運搬及び処分委託契約の締結、マニフェストの交付等)については、通常の産業廃棄物と同様です。
注)低濃度PCB廃棄物の収集運搬を委託する場合、特別管理産業廃棄物収集運搬業の許可(品目:廃PCB等、PCB汚染物又はPCB処理物)を有している業者に委託しなければなりません。群馬県の許可業者については、こちらから検索してください。なお、運搬先の都道府県知事等の許可も有していなければなりませんので、その点も御注意ください。
赤城鉱油㈱の電話番号・ホームページ
 TEL:0277−73−0194
 http://www.akagikouyu.co.jp/
群桐エコロ㈱の電話番号・ホームページ
 TEL:0277−78−2479
 https://www.grr.co.jp/ecologista/
群馬県以外の無害化処理認定施設一覧(環境省ホームページへ移行します。)
 http://www.env.go.jp/recycle/poly/facilities.html
矢印
<STEP4>処分終了後の届出をしてください。

・処分が完了しましたら、その旨を県に届出する必要があります。
・届出の方法については、こちらを御参照ください。






(5)現在使用中の高濃度PCB使用製品について
 現在使用中の高濃度PCB使用製品についても、処分期間内に使用をやめ、廃棄しなければなりません。
 処分期間内に廃棄されない場合は、それらの製品についても「高濃度PCB廃棄物」とみなして、改善命令・行政代執行の対象となります。


(6)PCB廃棄物の処分費用等に係る各種支援制度について
ⅰ)高濃度PCB廃棄物の処理費用の軽減制度(中小企業等処理費用軽減制度)
高濃度PCB廃棄物を中小企業者等が処分する場合、その処理費用及び収集運搬費用が軽減される措置があります。

対象者 軽減割合
①一定の条件を満たす、中小企業者、中小企業団体等及び法人 処理費用及び収集運搬費用等の70%
②個人 処理費用及び収集運搬費用等の95%
※新型コロナウイルスの感染拡大による影響を受けた方に対しては、①の場合は90%、②の場合は99%の軽減措置があります(ただし、令和3年3月受付分まで)。
※本制度の詳しい内容については、JESCOホームページ又は環境省ホームページを御覧いただくか、もしくはJESCOへ直接お問い合わせください。


ⅱ)ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理資金(群馬県環境生活保全創造資金融資)
 群馬県では、県内の中小企業者等(前橋市・高崎市内の事業者も含みます。)を対象に、PCB廃棄物の収集運搬、処分及び代替機器設置の費用を対象とした融資制度を設けています。

融資限度額 利率 融資期間
5,000万円(知事の特認あり) 年1.7%以内 7年以内

注)着手前に事前審査が必要です。詳しくは、県廃棄物・リサイクル課リサイクル係へお問い合わせください。

ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理資金の利用案内
融資制度パンフレット
ダウンロード(273KB)


ⅲ)中小企業等におけるPCB使用照明器具のLED化によるCO2削減推進事業(環境省)
建築年月が昭和52年3月以前の建物で使用されている可能性のあるPCB使用照明器具の調査費用及びLED照明器具への交換に係る費用の一部を助成するものです。
対象事業 ①PCB使用照明器具の調査事業 ②PCB使用照明器具のLED照明への交換事業
要件 昭和52年3月以前に建築・改修された建物の調査 使用中のPCB使用照明器具のLED照明器具への交換(リースによる導入も補助対象)
補助金の交付額 調査費用の10分の1(上限50万円) 工事費、設備費、事務費、その他必要な経費で承認した経費の3分の1
補助対象 中小企業者/中小企業規模相当の法人や地方公共団体/個人事業主又は個人/
その他環境大臣の承認を経て協会が認める者/リース方式により照明器具を導入するリース会社
公募期間 令和3年5月24日(月)〜令和4年1月31日(月)15時まで
注意事項 必ず着手前に申請・相談をしてください。着手後の申請は補助対象外ですので御注意ください。

PCB使用証明の調査・交換には、費用の補助制度があります!
環境省チラシ
ダウンロード(1.12MB)


PCB廃棄物等に関するページ
●高濃度PCB廃棄物等の処分期間が迫っています!
(1)PCB廃棄物とは?
(2)PCB廃棄物の処分方法について
(3)PCB廃棄物の適正保管について
(4)PCB特別措置法に基づく届出について
(5)PCB廃棄物早期処理に向けた群馬県の取組
(6)その他(Q&Aなど)


<<ホームへ <<ページのトップへ